1. AGAキング
  2. 育毛剤
  3. 育毛剤の選び方
  4. ≫現状維持で大丈夫?20代の薄毛に育毛剤が効かない本当の理由

現状維持で大丈夫?20代の薄毛に育毛剤が効かない本当の理由

222

20代の薄毛に育毛剤が効かない理由をあなたはご存知ですか?

市販の育毛剤は色々と試してみたけど、なかなか効果が出なかったという方は多いと思います。今回はそんなカラクリについてお話したいと思います。

もしもあなたが、現状維持のままで本当に大丈夫なのか?そう真剣に悩んでいるのであれば、必ず最後までごらんください。

 

20代の薄毛に育毛剤が効かない理由とは・・

それは市販の育毛剤の大半は、20代の薄毛の原因の大半を占めるAGAに効果が無いからです。

20代の薄毛の大半は「AGA(男性型脱毛症)」と呼ばれる症状です。AGAは体内の男性ホルモンと5αリダクターゼⅡ型により生成される、ジヒドロテストステロンにより引き起こされる脱毛症です。

そして20代の男性の薄毛原因の大半がこのAGAです。

AGAは決して珍しい脱毛症ではなく、全国で1,260万人発症している日本の成人男性に非常に多い脱毛症です。あなたの薄毛が生え際や頭頂部から進行しているのであれば、かなりの高確率でAGAだと言えます。

ちなみに貴方がAGAかどうかは参考記事をご確認ください。

 

市販の育毛剤は20代の薄毛の原因であるAGAに効果無し

そして市販の育毛剤の大半は、このAGAに対して何の効果もありません!

なぜならAGAに効果のある成分は非常に限られているからです。医薬品であればフィナステリド、ミノキシジル。育毛剤であればキャピキシル、ヒオウギエキス、ビワ葉エキスと非常に限られています。

ただし少数ですが、AGAに有効な育毛剤も存在しています。それこそがキャピキシル配合の育毛剤です。

このキャピキシルは比較的新しい育毛成分であり、AGA治療に用いられる医薬品と同等の効果を発揮します。詳細は参考記事をご覧ください。

 

確実にAGAを治療したい場合はAGA治療クリニック

image05

ただし確実にAGAを治療したい場合は、AGA治療の専門のクリニックへ通うのが一番です。

AGAの治療に効果的なミノキシジルやフィナステリドを処方して貰えますし、場所によっては最新の医療設備での治療も可能です。

素人判断であれこれ試すよりも、素直にAGA治療専門にクリニックに通ってしまった方が良いケースも多々存在します。

そこの判断をどうするかが、20代の薄毛克服にはとても重要です。ちなみになぜAGAクリニックでないとダメなのかは「AGA治療はなぜAGAクリニックでないとダメなのか?」のページをご覧ください。

 

キャピキシル育毛剤とAGAクリニックのどちらを最適?

  キャピキシルの育毛剤 AGAクリニック 市販の育毛剤
育毛効果
一般的なAGA治療に使用される、フィナステリドとミノキシジルの医薬品療法に匹敵する効果をもつ、キャピキシルによる高い発毛効果
一般的なAGA治療に使用される、フィナステリドとミノキシジルの医薬品療法
 
AGAに有効な成分に乏しい
医学的根拠
臨床データは揃っているが、誕生して日が浅いため、日本皮膚科協会の男性型脱毛症診療ガイドラインには明記されていない
2010年に制定した日本皮膚科協会の男性型脱毛症診療ガイドラインに根拠ありと記載されている
 
臨床データすら無い
月額費用
9,980~15,000円
15,000~35,000円
 
9,980~15,000円
副作用
ほぼ無し
存在するが専門医の処方により、リスクはかなり低減できる
 
ほぼ無し
継続しやすさ
自宅で治療できるため非常に継続しやすい
毎月通わなくてはならない、近くにクリニックが無い人にはかなりキツイ
 
自宅で治療できるため非常に継続しやすい

結論から言うとAGAクリニック推奨ですが、通えない場合はキャピキシル配合の育毛剤をおすすめします。

ちなみに市販のただの育毛剤は止めた方が良いです。AGAに対する有効成分が乏しいですし、臨床データに関してもイマイチだからです。

ちなみにおすすめのAGAクリニックは以下の記事をご覧ください。

 

20代の薄毛の関連記事はこちら

気に入ったらシェアをお願いします!

2018年最新版!育毛剤ランキング

2222

2018年で一番おすすめの育毛剤