1. AGAキング
  2. 薄毛
  3. ≫男性ホルモンが多いとハゲるのか?薄毛との関係性について

男性ホルモンが多いとハゲるのか?薄毛との関係性について

222

薄毛の原因は男性ホルモンなのか?今日はそこについて解説します。

よく毛深いとハゲるみたいな話を聞きますし、男性ホルモンが強すぎるとハゲるみたいな話も聞きます。ですが実際のところはどうなのでしょうか?

今日はそんな男性ホルモンが薄毛の原因なのか徹底解説します。

 

薄毛と男性ホルモンの関係性について

結論から言うと男性ホルモンが原因で薄毛が発生することはあります。

その代表例がAGAでしょう。AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素によって、男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン)という成分に変化することで発生します。

こうなってしまうと体が髪の毛の成長を阻害してしまうため、頭の毛がどんどん抜けていって薄毛になってしまうというわけです。ただしここで注意すべきことがひとつあります。

それは男性ホルモンは薄毛の原因になりますが、どちらかというと悪さをしているのは男性ホルモンではなく、5αリダクターゼという酵素ほ方だということです。

 

薄毛を改善するには男性ホルモンよりも5αリダクターゼをどうにかする

薄毛を改善するためには、男性ホルモンよりも5αリダクターゼの生成を抑えることを考えたほうがいいです。

男性ホルモンに関しては、男性である以上生成を抑えると体機能に大きな影響を与えますし、男性ホルモンの量は薄毛にはほとんど影響は与えません。

大事なのは5αリダクターゼの量です。

この5αリダクターゼは遺伝や体質によって、体内で生成される量が違います。これが薄毛になる人と髪の毛がある人、AGAになる人とならない人の違いです。

ですから5αリダクターゼの生成量を減らすことが大事なのです。

 

5αリダクターゼを減らすためにはAGA治療を行うのが一番

そしてこの5αリダクターゼを減らすには、専門のクリニックでAGA治療を行うのが一番です。

体内で生成される酵素の量をコントロールするわけですが、当然素人がどうにかできる問題ではありません。プロペシアやミノキシジルを摂取して、個人で5αリダクターゼをコントロールする方法もありますが、

やはり専門機関に任せたほうが安心感が違います。特にプロペシアは強力であるためか性欲減退などの副作用も報告されています。ですからAGA治療専門のクリニックで適切なケアを行ってもらうのが一番です。

 

AGA治療の専門クリニックではあなたに合わせた治療を行えます

AGA治療の専門のクリニックとしてはヘアメディカルが有名なのですが、このヘアメディカルではあなたの髪の毛の状態に合わせたオーダーメイドな治療を受けることができます。

ヘアメディカルは医療機関であるため、他では受けられない専門的な治療も受けられますし、体の内外からAGAを治療できると評判のクリニックです。昔はAGAの発症の原因や見分け方もよくわかっていなかったのですが、最近はAGA治療の研究もかなり進んで、本格的に治療が出来るレベルにまで進歩しました。

ヘアメディカルはそれらのAGA治療のクリニックの中ではかなり優秀なクリニックです。

 

最近のAGAクリニックでは無料カウンセリングも行っています

そしてヘアメディカルをはじめとして、最近のAGAクリニックでは無料カウンセリングも行っています。

薄毛に悩んでいる人の多くは、これから自分の髪の毛はどうなんだろう。AGAのことなんて全然わからない。費用はどのくらいなんだろうと不安に感じている方も多いと思いますが、無料カウンセリングではそういった悩みに答えてくれるのは嬉しいですね。

OZP73_okusuridasimasyouka20140321500-thumb-900x600-4587

最初から受診するのに抵抗がある方は多いと思いますので、最初は無料カウンセリングから初めてみてはいかがでしょうか。

ちなみにおすすめのAGAクリニックは参考記事をご覧ください。

 

関連した記事はこちら

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2018年最新版!育毛剤ランキング

2222

2018年で一番おすすめの育毛剤