1. AGAキング
  2. 発毛医薬品・AGA治療薬
  3. ≫若はげ治療薬を入手するには?【処方・購入・通販】

若はげ治療薬を入手するには?【処方・購入・通販】

222

こちらでは若はげ治療薬を処方してもらうならどこがいいか解説しています。

若はげ治療薬を処方して貰うにはどうすればいい?

若はげ治療薬を処方してもらうには一般の病院やクリニックなどの医療機関にご来院することが必要です。若はげ治療薬として有名なのがフィナステリドという成分です。

本来は前立腺肥大症の治療に有効だった成分なのですが、脱毛を予防する効果が認められたので若はげ治療薬としても使用されるようになりました。

フィナステリドは男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンへと変化させる5α還元酵素を阻害することで脱毛を予防します。

日本ではフィナステリドを錠剤にしたプロペシアがMSD社から発売されています。あくまでも脱毛を予防する服用薬ではありますが、服用された患者さんの多くで発毛が見られます。

その他にもミノキシジルと言う成分が若はげ治療薬として有名です。

本来は高血圧症の治療に有効だった成分なのですが、発毛を促進する効果が認められたので若はげ治療薬にも配合されるようになりました。

ミノキシジルは血管を拡張し、毛母細胞を活性化することで発毛を促進します。ミノキシジルを配合した発毛剤が日本の製薬会社から発売されています。

フィナステリドは1日1回服用、ミノキシジルは1日2回頭皮に塗布して使用します。どちらも即効性は無く3か月から6か月は効果が出るまでかかります。

 

若はげの根本原因はAGA(男性型脱毛症)

若はげの根本原因は老化ではなくAGA男性型脱毛症の場合が多いです。AGAは脱毛作用があるジヒドロテストステロンが増えることで発症が始まります。

フィナステリドを服用すればジヒドロテストステロンが増える根本原因である5α還元酵素から対策が行えます。増毛しても根本原因は解決されていませんので、AGAの進行はそのまま続いてしまいます。

しかしフィナステリドは病院の皮膚科やクリニックで処方してもらわないと手に入れることが出来ないです。ドラッグストアやネット通販では販売されていないです。

病院の皮膚科ではフィナステリドの処方は受けられますが、ミノキシジルの処方は受けられないです。

ミノキシジル配合の発毛剤ならドラッグストアやネット通販でも手に入ります。しかし効果的なAGA対策を行うなら、フィナステリドとミノキシジル両方の処方が受けられるAGAクリニックにご来院するのがおすすめです。

フィナステリドとミノキシジルは併用したほうが効果的ですが、その際は処方量が大切です。

早くAGAを治したいと言って処方量を多くすると副作用が出る確率が高まるからです。ご自身の判断で誤った使用方法を行わずに、AGAクリニックでドクターの指示のもとで使用されたほうが安心です。

 

若はげ治療薬の処方はAGAクリニックへ

AGAクリニックでは血液検査を行い、未然に副作用を防いでくれます。

副作用の早期発見ができるので、効果は高いけどフィナステリドとミノキシジルを併用すると副作用が心配と言う方でも若はげ治療薬の処方を受けやすいです。

国内ではMSD社のプロペシアが正規品の扱いです。薬の箱に日本語でプロペシアと書かれているので一目で分かりやすいです。

プロペシアは価格が高いのが難点でしたが、プロペシアのジェネリック医薬品としてファイザー社のフィナステリド錠が最近では発売されています。

MSD社のプロペシアよりファイザー社のフィナステリド錠のほうが安いです。AGAクリニックでは両方取り扱っていることが多いので希望に合わせてどちらか選べます。

フィナステリドやミノキシジル、ビタミン、アミノ酸などいろいろな成分を配合したオリジナル発毛薬を処方しているAGAクリニックも中には見られます。

フィナステリドやミノキシジルのみの併用よりさらに上の効果が期待できるのが魅力です。発毛カクテルを頭皮に注射する育毛メソセラピーを提供するAGAクリニックも多いです。

病院の皮膚科ではプロペシア一択ですが、AGAクリニックならご自身で受けたいと思った薄毛治療を選ぶことが可能です。

ちなみにおすすめのAGAクリニックは参考記事をご覧ください。

 

関連した記事はこちら

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2018年最新版!育毛剤ランキング

2222

2018年で一番おすすめの育毛剤