1. AGAキング
  2. 生え際
  3. ≫男性の生え際ラインが後退する原因と薄毛対策とは|m字はげの治し方

男性の生え際ラインが後退する原因と薄毛対策とは|m字はげの治し方

貴方は男性の生え際の薄毛の原因と対策をご存知でしょうか?

生え際の薄毛は、頭頂部の薄毛と比較しても非常に治りづらいのが特徴です。また進行状態に応じて適切な対策が異なるのも特徴です。

ですから正しい知識を習得していないと、後退した生え際を復活させるのは困難になります。その点も理解した上で読み進めてください。

 

1.男性の生え際の薄毛の原因

まずは成人男性の生え際の薄毛の原因について解説します。まずは正しい薄毛の原因を把握して、取り除くことが重要です。

 

1-1.男性型脱毛症(AGA)

生え際の薄毛の根本原因は男性型脱毛症(AGA)です。

AGAとは成人男性の3人に1人が発症している脱毛症なのですが、生え際の後退はそのAGAの代表的な症状となります。

世の中には円形脱毛症やストレス性脱毛症、脂漏性脱毛症などの様々な脱毛症が存在しますが、生え際から薄くなるのはこのAGAくらいです。

AGAが発症しやすい体質は遺伝することが多く、特に母方が薄毛の家系だった場合は要注意です。

 

1-2.生活習慣の乱れ

また生活習慣の乱れも生え際の薄毛の原因となります。

睡眠不足や栄養バランスの悪い食事、暴飲暴食、運動不足、肥満、喫煙(タバコ)、過度の飲酒、不規則な生活などは全て薄毛の原因となります。

薄毛は生活習慣病なので、体質を改善しなければ思うように発毛は出来ません。

また生活習慣の乱れは、先ほど紹介したAGAを進行させる要因となるので、早急に改善することが必須となります。

 

1-3.精神的なストレス

精神的なストレスも生え際の薄毛を進行させる要因となります。

精神的なストレスが溜まると、育毛に必要な体内の亜鉛を大量に消費してしまうため、薄毛の原因となってしまいます。

ストレスを溜めないようにするのは大変なのですが、極力ためないように環境を変える。ストレスを適度に発散する努力を惜しまないようにしましょう。

 

1-4.血行不良

実は生え際は毛細血管が細く、血行不良を起こしやすい部位なので注意が必要です。

血行不良を起こすと、髪の毛の発育に必要なビタミンやミネラル、亜鉛、タンパク質などが髪の毛に行き届かなくなります。

そうなるとそれが薄毛の原因となるので注意が必要です。

 

2.生え際の進行状態別の対策について

引用:AGA(エージーエー)ってなに?|抜け毛、薄毛(うす毛)対策「AGA-news」

そして肝心の生え際の薄毛対策ですが、進行状態に応じて適切な対策が異なる点に注意が必要です。

生え際は他の部位と比較しても、毛細血管が細いため発毛しづらい部位でもありますし、AGAによる影響を受けやすい部位でもあります。

進行状態によっては全く効果が無いというケースも存在します。

ですから進行状態に応じた、適切な対策というのが最も重要となります。こちらでは上の図を例に解説するので、よろしくお願いします。

 

2-1.生活習慣の見直し

まずは生活習慣の見直しは必須です。これは全ての進行状態で行うべき対策です。

具体的には栄養バランスの良い食事を心がける、十分な睡眠時間を確保する、禁煙する、過度の飲酒は控える、適度な運動を取り入れるなどの対策です。

特に生え際の毛細血管は細いため、運動などで血行促進を行うことは重要になります。しっかりと取り入れて薄毛改善をしていきましょう。

 

2-2.育毛剤の使用

医薬部外品の育毛剤を使用するという方法です。上の図だとⅠ~Ⅱあたりの進行状態が育毛剤の守備範囲です。

育毛剤には血行促進を促すものや、生え際の薄毛の原因であるAGAを抑制する効果があるものがあります。これらの育毛剤を使用すると良いでしょう。

おすすめの育毛剤はサプリメントもセットのチャップアップです。

AGAを抑制する成分が豊富である点と、血行促進、頭皮ケア成分が他の育毛剤と比較してもかなり多いからです。

 

2-3.発毛医薬品の使用

発毛医薬品を使用するという方法です。基本的にはⅡ~Ⅳあたりが発毛医薬品の守備範囲です。また育毛剤と併用も効果的です。

この発毛医薬品にはAGA抑制薬であるフィナステリドと、血流改善による発毛促進を行うミノキシジルが存在します。

フィナステリドはプロペシアやフィンぺシア、ファイザーなどが有名です。

ミノキシジルは大正製薬のリアップX5プラス、カークランドロゲイン、ミノキシジルタブレットなどが有名です。

これらは全て医薬品であるため、AGAに有効である反面、副作用が強いというデメリットが存在します。そのため専門医の元での服用が推奨されます。

発毛医薬品の処方はAGA治療専門の病院がオススメです。具体的にはヘアメディカルや銀座総合美容クリニック、AGAスキンクリニック等です。

これらのクリニックはAGA治療の専門家が揃っているので、生え際の薄毛に有効な対策を取ることが可能です。

 

2-4.自毛植毛

Ⅳ以降の場合は自毛植毛を検討すべきです。おすすめはAGA治療が行える自毛植毛クリニックです。

自毛植毛が出来るクリニックとしては、アイランドタワークリニック、TOMクリニック、AGAスキンクリニック、ルネッサンスクリニックなどがあります。

自毛植毛の最大のメリットは、品質の良い植毛を一度受けてしてしまえば、根本的な薄毛の悩みから解消されることです。

自毛植毛はAGAの影響を受けにくい、後頭部や側頭部の髪の毛を植毛します。そのため植毛後の毛が、再度AGAによって失われることがないのは魅力です。

このように夢のような方法にみえる自毛植毛ですが、一つ大きなメリットが存在します。それは治療費が非常に高いという点です。

70~150万ほどの治療費が発生することになります。医療ローンを組んでの支払いなので一括で払う必要性は無いのですが、かなり高額なのは覚悟しておきましょう。

 

3.男性の生え際の薄毛対策まとめ

以上が男性の生え際の薄毛の原因と対策になります。進行状態に応じて適切な対策が異なる点には注意が必要ですね。

しかし生え際の後退が開始したタイミングであれば、生活改善と育毛剤によるケアで生え際の薄毛を改善することは可能です。

それでも不安なのであれば、AGA治療専門の病院に通って発毛医薬品を処方して貰うようにしましょう。生え際の薄毛は早期のケアが重要です。

貴方も早めに生え際の薄毛対策を実施して、髪の毛を取り戻しましょう。

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2018年最新版!育毛剤ランキング

2222

2018年で一番おすすめの育毛剤