1. AGAキング
  2. 育毛剤
  3. 育毛剤の選び方
  4. ≫グロースファクター(成長因子)の発毛効果と代表的な育毛剤とは?

グロースファクター(成長因子)の発毛効果と代表的な育毛剤とは?

222

当ページではグロースファクター配合の育毛剤について解説しています。

グロースファクター配合の育毛剤を検討している貴方は最後までご覧ください。参考になるはずです。

 

グロースファクターによる発毛効果について

薄毛の原因の一つに成長因子の不足があります。成長因子はグロースファクターとも呼ばれており、人の体内で作られているたんぱく質の一種です。

しかし年齢とともに減少し、ヘアサイクルが乱れることで薄毛に繋がると考えられています。グロースファクターにはいろいろな種類があります。

EGF上皮細胞成長因子は細胞分裂を促進させる作用があります。皮膚再生分野でも注目されているグロースファクターですが、髪の毛の細胞分裂も促進させると期待されています。

FGF繊維芽細胞成長因子は繊維芽細胞の増殖やコラーゲンなどの生成を活発にさせる作用があります。コラーゲンは皮膚に弾力を与えてくれますが、髪の毛にも良い成分です。

KGF角化細胞成長因子は角化細胞の増殖を促す作用があります。

角化細胞は皮膚から侵入してくる紫外線やストレスなどの侵入を防いでくれる働きがあります。薄毛の改善にも期待されているグロースファクターです。

VEGF血管内皮細胞増殖因子は血流を促進させる作用があります。頭皮の血流が悪くなると薄毛に繋がることがあるので、このグロースファクターも髪の毛にとって大切です。

KGFケラチン細胞増殖因子は髪の毛の形成に必要な成分の生成を助ける作用があります。髪の毛の成分は殆どケラチンなのでこのグロースファクターも重要です。

 

グロースファクター再生療法とは

成長因子不足が薄毛に繋がりやすいことに着目し、グロースファクター再生療法による薄毛治療を提供しているクリニックが登場してきました。

グロースファクター再生療法では様々な成長因子を配合したカクテルを頭皮に注入しています。この薄毛治療は男性特有のAGA男性型脱毛症にも、女性特有のびまん性脱毛症や分娩後脱毛症にも有効と言われています。

カクテルの注入方法はダーマスタンプ法がよく用いられています。

ダーマスタンプ法では極細のハリが付いた医療用スタンプを頭皮に押し当てて、頭皮に微細な穴を開けています。

その穴からカクテルを注入していきます。極細のハリなのであまり痛みを感じないですが、どうしても痛いと言う方には麻酔が使用されますので大丈夫です。

その他にもエレクトロポレーション法と言う頭皮に特殊な電流を流して、バリア機能を持つ頭皮に隙間を開けて、その隙間からカクテルを注入する方法もあります。

頭皮のバリア機能はすぐに元に戻りますので安心です。ダーマスタンプ法のほうが短時間で済むために、多くのクリニックでこの注入方法を採用しています。

何かとメリットの多い薄毛治療ですが、実感できるまでに3か月から6か月と期間が掛かります。さらに他の薄毛治療と比べると治療費が高額、保険は使えないので全額自己負担です。

クリニックでグロースファクター再生療法を受けるには何度か通わないといけませんが、グロースファクターを配合している育毛剤ならご自宅で頭皮に浸透させることが可能です。

 

グロースファクターはDeeper3Dでも取り入れることが可能

SnapCrab_NoName_2015-10-27_4-35-3_No-00

グロースファクター配合の育毛剤の中にDeeper3Dがあります。Deeper3Dにはグロースファクターが8種類も配合されています。

これらのグロースファクターを高濃度で配合されているので、成長因子不足による薄毛の改善に魅力的な育毛剤となっています。

グロースファクター再生療法のように頭皮に穴を開けて注入するわけでは無いですが、Deeper3Dは海洋深層水とブレンドすることで浸透力を高めています。

海洋深層水は皮膚への浸透性に優れている特徴があり、よく化粧品などにも配合されています。浸透力が弱いとすぐにグロースファクターが頭皮から流れ落ちてしまいますが、Deeper3Dなら長期間頭皮下に留まってくれます。

Deeper3Dの詳細はこちら

 

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2018年最新版!育毛剤ランキング

2222

2018年で一番おすすめの育毛剤