1. AGAキング
  2. 髪を生やす
  3. ≫男性の髪の毛を増やす方法&生やす方法【育毛剤・食べ物】

男性の髪の毛を増やす方法&生やす方法【育毛剤・食べ物】

222

当ページでは20代男性の髪の毛生やす方法について解説しています。

今現在、薄毛に悩んでいるのであれば最後までご覧になることを推奨します。ぜひとも参考にしてみてください。

 

髪の毛を増やす方法について

髪の毛を増やす方法は、身体の外から治す方法と、中から治す方法に、主に2つに分かれます。身体の外から治す方法というと、頭皮に直接働きかけることになりますから、シャンプー育毛剤地肌のケアをしたり、外からケアをすることです。

いわゆる外用薬というものです。一方中から治す方法は、身体の中に投薬をして、身体の中から根本的に治していきます。

医者から処方されるもの、市販で買うことのできるサプリメントなどに頼ることになります。また忘れてはならないのは中から治す方法で、ストレスなどの心の環境を整えること、睡眠不足を治すこと、髪の中に十分に栄養を届けるための血流を良くする運動など挙げられます。

身体を根本的にいい状況に持って行った方が、あらゆる髪の毛を増やす方法を実行したときのベースの部分がしっかりできているので、結果も出やすいかもしれません。

もちろん髪に栄養を与えるためには、栄養バランスのとれた食事をしていた方が、髪に栄養が届きやすいものです。

ストレスなども厳禁で働きざかりの20代の男性になると、仕事の人間関係やプライベートでも悩み事も多いときです。それをしっかり解消して心の環境を整えることも、髪を増やす以前の現状維持という面でメリットです。

せっかく増えてもそれ以上抜けてしまったら意味がありません。

 

髪の毛を増やす方法は色々あります

髪の毛を増やす方法として、自宅で自分できることは、まず外から治す方法になります。シャンプーや育毛剤に頼ることになります。

こちらの商品は自宅で毎日自分でケアすることができるので、少し面倒ですが毎日続けやすいという点でメリットがあります。

シャンプーで毛穴につまった皮脂などの汚れをしっかり取って、髪によい育毛剤を付けることでより浸透しやすくなります。

いくらよい育毛剤を付けていても、シャンプーで浸透しやすい状態を作らないと意味がないので、シャンプーを行うことは大切です。

次に病院などに行って、身体の中から根本的に治すことになります。サプリメントなどに頼っても良いですが、それが本当に自分に合うのかどうかは試してみないと分かりません。そういった面でも、病院できちんと調べてもらって何が足りないか過剰なのか調べて、適切な処置をしてもらいます。

血液検査などをして自分のホルモンの値を調べてもらいます。薄毛の方法は男性ホルモンの過剰が原因のことが多いので、ホルモンを抑える薬などを処方されて様子を見ていきます。

ただ、病院にいって医師の力を借りると言うことは、それなりのお金がかかりますので、自分のお金の状況とよく考える必要がありそうです。

 

自宅で一番効果的なのはキャピキシル配合の育毛剤

病院に行くのも手間でお金がかかるということが嫌という方は、一番手軽な方法で、育毛剤の使用が考えられます。

育毛剤なら自分の好きな時間に好きなだけ使えることもメリットです。ですが、充分な浸透をさせたい場合は、事前にシャンプーをしておいた方がより効果的です。

キャピシキルは、今までの育毛剤に配分されてきたミノキシジルという成分より、約3倍の効果があると言われている成分です。

その仕組みとしては、薄毛の原因と言われる男性ホルモンの活性化を防ぐことができること、強い細胞修復成分が含まれていることが挙げられます。

いくらホルモンの活性化を防いでいても、今生えている毛や新しく生えてくる毛を丈夫にするとは限りません。それらの成分を一緒に含んでいるものを付けることになるので、薄毛には効果的ということになります。

いきなり病院に行ったりすることも抵抗があるかもしれません。身体の中にサプリメントのように何か入れるのも心配、そういった人は、外からのケアで育毛剤を付けることが経済的にも、心理的にもストレスにもなりません。

何もしないでいるより、何かしていたら薄毛が変わってくるかもしれません。キャピキシル配合の育毛剤はお勧めです。

ちなみにおすすめのキャピキシル配合の育毛剤は参考記事をご覧ください。

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2018年最新版!育毛剤ランキング

2222

2018年で一番おすすめの育毛剤