1. AGAキング
  2. 発毛医薬品・AGA治療薬
  3. ミノキシジル
  4. ≫ミノキシジル配合の医薬品カークランドの効果・副作用

ミノキシジル配合の医薬品カークランドの効果・副作用

8

当ページではカークランドの副作用について解説しています。

カークランドの副作用について

カークランドという育毛剤をご存知でしょうか。

カークランドミノキシジルと紹介しているサイトやカークランドロゲインと紹介しているサイトなどがあるのですが、世界的に有名なロゲインのジェネリック医薬品で、ミノキシジルが配合されている育毛剤が、一般的に「カークランド」と呼ばれています。

米国のカークランド社が製造販売していて、商品パッケージからすると、カークランド社の「ミノキシジル」というのが本当かもしれません。

ミノキシジルが配合されているということは、日本で唯一の発毛剤である、あのリアップと同じ系統の育毛剤ということになります。ということは、副作用が出る人もいるということですよね。

カークランドの副作用は、リアップやロゲインと同じように、血圧低下、心拍数の増加、心筋梗塞などの循環器系の異常、かぶれ、発疹、かゆみ、ふけなどの頭皮の異常、頭痛、めまい、胸痛、手足のむくみ・しびれ、体重増加などの神経系・その他の異常ということが考えられます。

ただし、日本で第1類医薬品として発売が許可されているリアップと同じミノキシジル5%配合ですから、リアップと同程度の副作用発生率であると考えることもできます。

降圧剤を服用しているような人は、主治医に相談してから利用するべきですが、外用薬なのでリスクは内服薬よりは少ないと思われます。

 

カークランドの主成分について

カークランドのパッケージには、ミノキシジルという文字が真ん中に書かれていることから(もちろん英語ですが)一目瞭然のとおり、主成分は「ミノキシジル」です。リアップでおなじみのミノキシジルですね。

ミノキシジルは男性型脱毛症に効果があることが研究により分かっていて、リアップの場合だと、壮年性脱毛症に効果があるとして宣伝しています。

ですから、円形脱毛症や産後脱毛症には効果が期待できません。また、ミノキシジル5%配合ということなので、女性が使用することもできません。

ミノキシジルは育毛や発毛の効果が高い反面、さきほど挙げたような副作用の危険性もあるわけです。

ですから、副作用が心配な人はカークランドのようにミノキシジルが含まれている育毛剤を使うことはできませんし、高血圧の治療のために降圧剤を服用しているような人も、医師に相談してから使用するのが必須でしょう。

そのため、心配だからとあきらめている人も少なくないのです。

ミノキシジルは育毛効果が証明されている成分ですから、薄毛や脱毛に悩んでいる人にとっては、使いたい成分の代表格のはずです。

 「副作用さえなければ…」
 「降圧剤と併用しても大丈夫だといいのに…」

私もこのように考えていた一人でした。

 

今であればミノキシジルの3倍の育毛効果を持つキャピキシル

ところが、最近発売されている育毛剤の中に、うれしい記載を見つけることができました。

「ミノキシジルの3倍の育毛効果がありながら、副作用の心配がない成分」が入っているというのです。その成分の名前は「キャピキシル」といいます。

ミノキシジルを使用するときに最も心配だった副作用が出ないというだけでもうれしいのに、ミノキシジルの3倍も育毛効果があるということですから、さらにうれしい成分ですよね。

すでにいくつかのメーカーが、このキャピキシルを配合した育毛剤を販売していますが、これからはキャピキシルが中心になっていくのかもしれません。

天然草から抽出したエキスを基にして作られているので副作用が出ないそうですから、降圧剤と併用しても心配はいらないということなのでしょう。

ミノキシジルと比較すると、キャピキシルの臨床データはまだ少ないということはありますが、厚生労働省が医薬部外品として販売を認めているのですから、副作用だけではなく、通常の使用についても問題はないということです。

私もキャピキシルが配合されている育毛剤を購入して使用しているのですが、副作用の心配がないというのは、これほどストレスがないものなのだと実感しています。

ストレスは髪の毛にもよくないですからね。ミノキシジルの3倍の効果に期待しながら、毎日使っているところです。

ちなみにおすすめのキャピキシルの育毛剤に関しては参考記事をご覧ください。

 

関連した記事はこちら

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2018年最新版!育毛剤ランキング

2222

2018年で一番おすすめの育毛剤