1. AGAキング
  2. 薄毛
  3. ≫薄毛対策・抜け毛予防におすすめな生活習慣改善方法とは?

薄毛対策・抜け毛予防におすすめな生活習慣改善方法とは?

222

当ページでは薄毛対策の一環として、生活習慣の改善を行う重要性を解説しています。

薄毛の進行を食い止めるために、生活習慣の改善を行いたいのであれば最後までご覧ください。

薄毛対策における生活習慣の改善の重要性

薄毛の症状が出てきた時に多くの人は育毛剤を頼って、薄毛の症状に対しての対策をしようと考えます。

基本的には薄毛の症状が出てきた場合には育毛剤を使って対策しようとするのは間違いではありません。

しかし、薄毛の程度や薄毛が発生した原因次第では育毛剤を使わずに生活習慣を改善するだけでも十分に効果が上がる場合もあります。

例えば、喫煙の習慣を持っている、夜型生活を送っていて生活リズムが乱れている、食事に好き嫌いが多い・食事が外食ばかりなどの理由で栄養に偏りがある、または仕事上のストレスを抱えているなどの原因があると薄毛の症状を引き起こしやすくなります。

一例を挙げると、睡眠不足の場合です。

髪の毛は毛根が細胞分裂する事により生成されていきます。そして、この細胞分裂は基本的に睡眠時間で行われるようになっています。つまり、睡眠不足になるとこの髪の毛を増やすための細胞分裂の時間が不足してくることになります。

その結果として、髪が少なくなり薄毛の症状が進む事になります。

実際に生活習慣を見直したたけで薄毛が改善されたという例もたくさんあります。育毛剤を使う前にまずはこのような生活習慣を見直すことから薄毛対策を始めましょう。

 

具体的にはどんな改善を行えばよいのか

生活習慣の改善で一番大切なのは食生活の改善です。

薄毛を改善したいと思っていても、髪を作るのに必要な栄養分が十分に体内に供給していなければどんな対策をしても無駄になります。

まずは食生活の改善を一番に意識するようにしましょう。

育毛を考えた際に食生活に取り入れた方が良いとされる食材は大豆・海藻・青魚・野菜などになります。特に大豆に含まれている大豆イソフラボンという栄養素はAGAなどの男性ホルモンの働きによって発生している薄毛の改善に非常に効果を発揮します。

AGAという男性の薄毛の原因の約90パーセント以上を占めている症状は男性ホルモンの働きが過剰になる事によって引き起こされます。

この男性ホルモンの過剰な働きが髪を生成する細胞の働きを阻害する事が原因となって生じる薄毛の症状がAGAです。このAGAを改善するためには男性ホルモンの働きを抑えてやるのが一番効果的な対策になります。

そこで大豆イソフラボンです。

この大豆イソフラボンという栄養素は体内で女性ホルモンと同じような働きをする事が分かっています。つまり、この大豆イソフラボンを摂取する事で男性ホルモンの働きを抑える事が出来ます。

他にも海藻・青魚・野菜にはそれぞれ髪の生成に必要なミネラル・亜鉛・ビタミンなどの栄養素が含まれています。

これらの食材も意識的に摂取するようにしましょう。

 

生活習慣の改善と合わせて育毛剤を使用すると効果的

ただ、生活習慣の改善だけでは薄毛の改善がみられないという場合、ここで初めて育毛剤の使用を検討する事になります。

まずは、自然成分などを原材料としている育毛剤で副作用などがほとんどないと言われているものを選ぶ方が良いでしょう。

そして、実際に育毛剤を使用する事で、薬の効果で育毛を促進していく事になります。

育毛剤を使う事で、髪が生えてから抜けるまでの一連のサイクルの中で、実際に髪の毛が成長すると言われている髪の成長期の期間を伸ばしたり、血行を促進する事で髪の毛に栄養が行き渡るようにする事が出来ます。

このような育毛剤の働きは薄毛を改善する上で非常に優れた効果を発揮します。

ただし、育毛剤でいくら髪の生成を促進したとしても、髪に必要な栄養素が体内に不足している状態では新しく髪を生やす事は出来ません。

育毛剤の効果が最大限に発揮される土壌を整えるためには、生活習慣を改善して髪を作るために理想的な体内環境を整えておく必要があります。

そのためには食生活の改善をして、髪の生成に必要な栄養分を十分に摂取したり、睡眠時間をきちんととる事で髪を生成する時間をしっかりと確保する必要があります。

育毛剤が最大限の効果を発揮するためには生活習慣の改善も併せて考える必要があるという事を覚えておきましょう。

ちなみにおすすめの育毛剤は参考記事をご覧ください。

 

関連した記事はこちら

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2018年最新版!育毛剤ランキング

2222

2018年で一番おすすめの育毛剤