1. AGAキング
  2. はげ
  3. ≫O字型ハゲの原因であるAGAと具体的な対策について

O字型ハゲの原因であるAGAと具体的な対策について

222

当ページではO字ハゲの原因と対策について解説しています。

今現在、O字ハゲに悩んでいるという貴方は最後までご覧ください。参考になるはずです。

 

O字はげの発症の原因について

O字のはげはM字型のハゲよりも発症率は低めになります。しかしいずれはM字型の人もO字に移行することが多いように感じます。

その理由はどちらとも毛細血管が少なくなっているからです。

自分の頭皮を触ってみてください。O字になりやすい頭頂部やつむじ付近というのは頭皮を触っても骨ばって硬くなってないでしょうか?

こういった頭皮の硬い場所は、髪の毛に栄養を送るための毛細血管が少ないことが理由として挙げられます。毛細血管が少ないことで髪の毛が細くなりさらに抜けやすくなる原因となってしまいます。

なぜO字とM字型に分かれるのかは不明ですが、この両者が薄くなることは確かです。嘘だと思うのならば髪の毛を一度カラーリングしてみてください。

おそらく他の髪の毛よりもカラーの染まり具合が早く、そして明るくなりやすいと思います。これはその部分の髪の毛が細いために起きてしまう現象です。

美容業界では当たり前の知識です。そんなことから頭頂部の髪の毛は細くしかも抜けやすくなってしまいます。

さらに頭頂部には髪の毛を生成するために必要なホルモンを受け入れるセプレーター(受容体)があります。

AGAにかかってしまうとそこへAGAの原因の男性ホルモンが多くくっついてしまうため、他の箇所の髪の毛よりも髪の毛が抜けやすくなり、O字のはげになってしまうということです。

 

O字はげの根本原因はAGA(男性型脱毛症)のo型

O字のはげはなぜ起きるのか?その根本原因は男性型脱毛症AGAが原因であることが言えます。

AGAとは男性ホルモンのなかにあるテストステロンという物質がハゲる原因である5αリダクターゼという酵素と融合して、ジヒドロテストステロンという物質になってしまいます。

そのジヒドロテストステロンのせいで髪の毛が抜けてしまう病気のAGAに発症してしまいます。

そして先にも言いましたがO字のはげの特徴である頭頂部やつむじにはこの男性ホルモンを受け入れる受容体があります。

この受容体にジヒドロテストステロンを含んだ男性ホルモンが多く取り入れられることで、髪の毛のヘアサイクルが乱れます。

髪の毛のヘアサイクルは通常、発毛→成長→休止→退行といったサイクルを繰り返します。その中でも成長期は最も期間が長く3年から5年と言われています。

しかしAGAにかかってしまうとこのヘアサイクルの中の成長期の期間がものすごく短縮されてしまい髪の毛の寿命を縮めてしまいます。

そして退行期の期間が多くなり髪の毛が脱毛してしまう。

そして頭部がO字のようにはげてしまいます。AGAはそこからさらに進行していきますので最後には頭頂部全体が薄くなってしまう可能性があります。

 

O字はげの治療ならAGAクリニックへ

こういったO字のはげはAGAが原因です。

AGAはちゃんとした病気ですのでそれに特化した医療機関での治療が有効です。普通の皮膚科や内科でも診察を受けることは可能なのですが、この場合AGAだから仕方ない。

むしろ命に関わる危険性がないためあまり真剣に取り合ってくれないことが多くあります。そして処方されるお薬も限定的でそのほとんどがプロペシアのみとなってしまいます。

言い返せば普通の病院ではAGA治療のための具体的な治療方法がないと言っても良いかもしれません。最も有効なのがプロペシアの服用になるということです。

しかしAGA治療の専門クリニックですと、採血をして男性ホルモンの濃度やアレルギーなどを初期段階で検査して、その結果に合った治療を施してくれます。

元々AGAの専門クリニックの専門医は皮膚科や内科、美容外科などの出身者も多いのですが、さらにそこからAGAの研究を追求していったベテランの先生ばかりです。

そう言った専門医はちゃんとした医師免許を持っていて体に関するエキスパートですので安心してAGA治療を任せられます。

AGA治療はAGAに特化した専門医に見てもらうことが確実な治療を受けられ、さらにAGAの早期回復も期待できるでしょう。

ちなみにおすすめのAGAクリニックは参考記事をご覧ください。

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2018年最新版!育毛剤ランキング

2222

2018年で一番おすすめの育毛剤