1. AGAキング
  2. 育毛剤
  3. 育毛剤の基礎知識
  4. ≫育毛剤には副作用が存在するの?

育毛剤には副作用が存在するの?

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-yusei_ranchi

育毛剤には副作用が存在するのでしょうか?

その疑問について解説しています。副作用が怖いという貴方は最後までご覧になると参考になるはずです。

 

育毛剤には基本的には副作用は存在しない

基本的に育毛剤には副作用は存在しません。

それは育毛剤の多くが医薬部外品に分類されており、効果が穏やかである代わりに、副作用が無いものが多いからです。

ですから基本的に副作用の心配をする必要性はありません。

ただし育毛剤の副作用に関しては、例外は2つあります。

その2つの例外について解説していきます。

 

例外1:医薬品に分類されている場合

医薬品に分類されている育毛剤(厳密には発毛剤)は、副作用が発生する場合があります。

プロペシアやリアップX5プラスも、この医薬品という分類になります。

これらの医薬品は、さらに医療用医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品と細分化されています。

そして効果の強さと比例する形で、副作用の強さも 医療用医薬品>第1類医薬品>第2類医薬品>第3類医薬品という順番になります。

つまり育毛剤でも、医薬品の場合は副作用があるということです。強力であるが故の副作用。ある意味仕方がないことかもしれません。

 

副作用の存在する医薬品タイプの育毛剤一覧

  • 内服フィナステリド(プロペシア、ファイザー、フィンペシア、プロスカー)
  • 内服デュタステリド(ザガーロ、アボルブ)
  • 内服ミノキシジル(ロテニン、ミノキシジルタブレット、ノキシジル)
  • 外用ミノキシジル(リアップX5プラス、ロゲイン、カークランド、ポラリス)
  • その他(カロヤンガッシュ、スキノレンクリーム)

 

例外2:体質によっては頭皮が荒れる場合がある

医薬部外品の育毛剤はアレルギー反応が出る場合があります。

具体的には防腐剤や添加物、アルコールなどが原因で、頭皮に炎症が起きる場合があります。

これは副作用というよりはアレルギー反応なので、仕方がない側面があります。

 

育毛剤の返金保証制度を活用しよう

img_1063

このような副作用には、育毛剤の返金保証を利用するのが良いでしょう。

医薬部外品の育毛剤の場合は、怖いのはアレルギー反応くらいです。ですがチャップアップ、ブブカなどの育毛剤には返金保証制度があります。

アレルギー反応が万が一出た場合は、返金して貰えばよいのです。

また育毛剤のような塗り薬がダメな場合は、育毛サプリなどの飲むタイプに切り替えるという方法もあります。

ですから育毛剤の副作用を過剰に恐れる必要はありません。

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2018年最新版!育毛剤ランキング

2222

2018年で一番おすすめの育毛剤