1. ホーム
  2. AGA
  3. AGA病院
  4. ≫【2018年版】AGA治療に適した薄毛クリニック・病院ランキング

【2018年版】AGA治療に適した薄毛クリニック・病院ランキング

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-150415511840-768x512

こちらではAGA治療におすすめの病院をご紹介しています。

これからAGA治療を受けたい!薄毛治療を行いたいのであれば、最後までご覧になることを推奨します。

AGAは早期治療が重要です。ですから早めに対策を行いましょう。

AGA治療とは具体的にどんな治療なのか?

AGAは体内で分泌される男性ホルモンの影響で発症する症状です。

元々テストステロンという無害な男性ホルモンが存在していますが、加齢に伴いこれがジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換される量が増えていきます。

DHTは毛根のヘアサイクルを乱す信号を発し、髪の毛の成長期間を著しく縮めてしまいます。

十分に育つ力を奪われた髪の毛は細く弱くなり軟毛化が進みます。

早い段階で脱毛が起こり、DHTの影響下にある頭皮では徐々に薄毛が進行していきます。

AGAの治療では毛根のヘアサイクルを乱すDHTをいかにして抑制するかがカギとなります。

それに加えて、様々な方法で毛根の活力を高める工夫を行います。

基本的には外用薬、内服薬など薬を使った投薬治療が中心となりますが、外科的手法による自毛植毛治療なども検討されることがあります。

 

1.フィナステリドによるAGA抑制

AGA治療における中心的役割を担うのがフィナステリド製剤です。

フィナステリドは成分の名前で、日本国内では「プロペシア」という製品名が有名ですね。

フィナステリド製剤は上で述べたDHTが生成されないようにするためのものです。

テストステロンは体内にある5αリダクターゼという酵素の一種の働きによってDHTに変換されてしまいますが、フィナステリドはこの5αリダクターゼに作用してテストステロンがDHTに変換されることを抑制してくれます。

DHTがなければ毛根のヘアサイクルが乱されることがなくなり、次第に正常なヘアサイクルを取り戻した毛根は元気な髪の毛を生み出すことができるようになります。

フィナステリド製剤は主に内服薬として処方されますが、一部外用薬に使用されることもあります。

 

2.ミノキシジルによる発毛促進

フィナステリドと並んでAGA治療の中心的な存在となるミノキシジルは、これも成分の名前です。

国内ではリアップなどの製品名が有名ですね。

ミノキシジル製剤はほぼ必ずフィナステリドとセットで処方されますが、作用機序を異にするのでとても相性が良いのです。

この薬は強力な血流増進作用によって力を失いかけた毛根に強制的に血の流れを作ってやることで発毛力を高めてくれます。

元々は高血圧症の治療に用いられていた経緯があり、血管を拡張して血の流れを大幅にアップしてくれます。

加えて新たな毛細血管を増設する血管内皮増殖因子と、髪の毛の元になる毛母細胞を増殖させる角化細胞増殖因子を増やす働きがあります。

このようにミノキシジルは他の血行促進成分とは異なる強い力で毛根に活力を与えてくれます。

主として外用塗布剤として処方されますが、薄毛専門のクリニックでは内服薬としてミノキシジルタブレットを処方してくれることも多いです。

 

3.サプリメントによる栄養補給

上で説明したフィナステリドとミノキシジルの効果を側面支援するのが育毛サプリメントです。

医薬品ではありませんが、発毛・育毛に必要な栄養素を補給することで髪の毛を生み出す力が正常に働くように調整してくれます。

フィナステリドやミノキシジルはあくまでもAGAの主犯であるDHTを抑制したり、血流を確保して栄養補給路を維持するものです。

しかし人が髪の毛を作り出す作用はそもそも元から備わっている力であり、これを支えるのが各種の栄養です。

これが足りなければいくら治療薬を投与しても体は髪の毛を作り出すことはできません。

現代の食生活はどうしてもバランスが悪くなりやすく、亜鉛やアミノ酸、ミネラルなど髪の毛の製造に必要な栄養素が不足しがちです。

育毛サプリメントはこの点をカバーし、人が持つ本来の発毛力を取り戻すサポートをしてくれます。

フィナステリド、ミノキシジル、育毛サプリメントがAGA治療における三種の神器であり、最も効率の良いベース治療となっています。

 

4.その他の治療法について

薄毛治療を専門に手掛けるクリニックでは、海外の知見を基にした最新の先端治療も導入しています。

これまで説明してきたフィナステリドやミノキシジル、各種の栄養素や成長因子などを組み合わせた薬液カクテルを作り、これを頭皮に直接注入するメソセラピーという治療を行うクリニックも多いです。

メソセラピーで使用される薬液はそのクリニック独自の調合となるので画一の調合パターンはありません。

もう一つ頭皮に直接薬液を注入する治療法にHARG療法というものがあります。

同じような施術方法ですのでメソセラピーと混同してしまいがちですが、両者は異なるので注意が必要です。

HARG療法は海外でこれまで治療実績を上げた画一的な調合パターンによって作られる薬液しか使用することができません。

従って各クリニックの裁量は無く、決まった薬液のみが使用されます。

HARG療法を行えるのは日本医療毛髪再生研究会の認定を受けた医療機関だけです。

治療効果としてはHARGの方が効果が高いですが、費用もメソセラピーより高額になります。

また外科的手法として自毛植毛治療もあります。

自分の後頭部から採取したドナー毛根を禿げた箇所に移植することで毛量を確保できます。

後頭部の毛根はDHTの影響を受けないという特性があり、これは移植後も続くため永続的に生え変わることができます。

メンテナンスが不要というメリットもありますが、外科治療ですので一定の侵襲があることは覚悟しなければなりません。

 

2018年版!おすすめのAGAクリニック・病院ランキング

それでは上述してきたAGAの治療を受けられる良質な医療機関をランキング形式でご紹介しましょう。

 

1位:AGAスキンクリニック

dabeb650dd55d5b2af6cd54f93c71d01-620x372

第1位は「AGAスキンクリニック」です。全国に広くフランチャイズ展開しているので主要都市以外の地方都市でも治療を受けることが出るのが強みです。

独自に調合された内服薬と外用薬のオリジナル発毛薬「Rebirth」による基本治療は安定感がありおススメです。

月額負担は外用薬は14000円、内服薬は14000円~21000円となっています。

ますは月額4200円から治療を開始できるのが魅力です。

AGAスキンクリニックの詳細はこちら

 

2位:銀座総合美容クリニック

snapcrab_noname_2015-8-15_16-41-51_no-00

第2位は「銀座総合美容クリニック」です。東京に一院しか開院していないので通院の面で遠方の方は不利になってしまいますが、治療メニューの内容と費用感を照らして文句なくNO1といえるクリニックです。

フィナステリドとミノキシジル、そして育毛サプリメントの鉄板処方の他、育毛メソセラピーの治療を受けることもできます。

最も効果が高く安定した外用・内服の治療薬を主軸に、必要に応じてメソセラピーの選択肢も用意されるのは安心です。

ケースによっては遺伝子検査も用いて治療の精度を高めることができます。

このクリニックが一番お勧めなのはなんといっても良心的な費用設定にあります。

他のクリニックでは月負担が2万円~3万円程度のところが多いのに対し、銀座総合美容クリニックでは月負担が7020円~という設定になっています。

美容クリニックに対する費用的な不安感が大きいことを考えて、HP上で明瞭な費用設定がなされているので好感が持てます。

「銀クリ」の愛称で親しまれるのは患者さんの好感度が高いことも影響しているのではないでしょうか。

銀座総合美容クリニックの詳細はこちら

 

 

3位:ヘアメディカル

snapcrab_noname_2016-9-22_9-59-16_no-00-620x430-620x430

第3位は「ヘアメディカル」です。古くから薄毛の治療を先駆けて行ってきたパイオニア的存在です。

東京・名古屋・大阪・福岡の主要都市に展開しているので地方の方も利用できます。

このクリニックの基本方針として、熟練した医師によるしっかりとしたカウンセリングや視診・検査を行い、どんな治療法の組み合わせが最良かを個別に判断することとされています。

パッケージ化された投薬セットなどではなく、頭皮の炎症の具合などを実際に見て患者さん個別にオーダーメイドの治療方針を組み立てることをモットーとしています。

月額負担は初月1.1万円~の負担となるので、若干「銀座総合美容クリニック」の方に分があります。

ヘアメディカルの詳細はこちら

 

4位:AGAルネッサンスクリニック

snapcrab_noname_2015-9-17_5-5-43_no-00

第4位は「AGAルネッサンスクリニック」です。東京・大阪・福岡・仙台に開院するこのクリニックは育毛メソセラピーと自毛植毛が強みです。

基本的な投薬治療も用意されているので、必要に応じて投薬プラスメソセラピーや植毛治療の選択が可能です。

このクリニックでは「スマートメソ」と銘打って、効果の実感を早める独自処方のメソセラピーを提供しています。

またALTASという植毛ロボットを導入することにより植毛治療の費用が軽減されています。

AGAルネッサンスクリニックの詳細はこちら

 

 

5位:TOMクリニック

snapcrab_noname_2015-11-16_4-56-6_no-00

第5位は「TOMクリニック」です。こちらも基本的な投薬治療の他にメソセラピーとALTASロボットを導入した自毛植毛治療が可能です。

治療の選択肢が広いのは良いのですが、同じ投薬系と植毛が可能が第4位のAGAルネッサンスクリニックと比べると全体的に治療効果の訴求力が乏しいところが難点です

東京に一院しか開院していないので近場の方が対象です。

TOMクリニックの詳細はこちら

 

 

AGA治療の効果を実感できるまでの期間とは

AGAは体内のホルモンの作用でヘアサイクルが乱されることで毛根の発毛力が落ちてしまう進行性の症状です。

主要治療薬のうちフィナステリドは悪い働きをするホルモン(DHT)の生成を抑える効果があり、ミノキシジルは毛根への血流を増進して発毛力を高めます。

しかしホルモンの影響を排してもヘアサイクルの正常化には一定の時間がかかり、また毛根も徐々に力を取り戻しますが、それでも少しずつ髪の毛が太くなっていく過程が必要です。

短期間での劇的な改善は難しく、一般的には少なくとも改善の実感までに半年は必要とされています。

見た目に大きな改善を実感できるのは約1年後と考えておくと良いでしょう。

ただし、改善スピードを速める育毛メソセラピーなどを併用すれば上記の改善期間をもっと早めることができます。

 

AGA治療の費用と料金・支払方法について

治療にかかる費用は各クリニックで差がありますが、基本的な投薬治療で月額負担1万円~3万円程度が相場とみて良いでしょう。

メソセラピーや植毛治療では数十万円が必要になるので、投薬治療の効果を見ながら必要に応じて検討することになります。

支払方法は都度払い方式が基本ですが、医療ローンを利用できるクリニックもあります。

どうしても資金の用意が難しい場合は検討価値がありますが、ローン会社を利用することになるので治療を中止してもローンが残ってしまうなどのデメリットもあります。

ですから基本的にはローンを組まずに治療を受ける方が安心です。銀座総合美容クリニックなどはローン無しの都度払い式を採用しています。

 

AGA治療は保険適応外なので注意

費用負担が重くなる美容系の治療は保険が効かないことが難点です。

AGAの治療も保険が効かない自由診療ですから、実費を全て負担しなければなりません。

普段は保険証が使える一般の皮膚科でもAGA治療においては保険は効きませんから、どうせであればAGAの治療経験が豊富な専門クリニックで治療を受ける方が良いです。

 

AGA治療は期限があるので早期に行動を

例えAGA治療の特効薬を用いたとしても、肝心の毛根が死んでしまっていては何の効果もありません。

ですからハゲが進行し毛根が死んでしまう前に治療を開始することが何よりも重要です。

「ちょっと髪の毛が細くなってきたな」という段階でカウンセリングを受けるようにすれば回復も早くハゲのリスクを回避できます。

個人差はありますが一般的に産毛が生えなくなってから5年も経つと毛根は完全に死んでしまい投薬の効果は期待できなくなります。

AGAでは髪の生え変わりのサイクルを異常に早めてしまい、遺伝子レベルで毛根の死期を早めるのでなおさら早めの行動が望まれます。

 

2018年で一番おすすめの病院はAGAスキンクリニック

dabeb650dd55d5b2af6cd54f93c71d01-620x372

おすすめは「AGAスキンクリニック」です。全国に広くフランチャイズ展開しているので主要都市以外の地方都市でも治療を受けることが出るのが強みです。

独自に調合された内服薬と外用薬のオリジナル発毛薬「Rebirth」による基本治療は安定感がありおススメです。

月額負担は外用薬は14000円、内服薬は14000円~21000円となっています。

ますは月額4200円から治療を開始できるのが魅力です。全国展開されていますので、北は北海道、南は沖縄と通いやすいのが魅力です。

AGAスキンクリニックの詳細はこちら

 

 

気に入ったらシェアをお願いします!