1. AGAキング
  2. 抜け毛
  3. ≫30代女性の抜け毛の原因と対策・予防法とは

30代女性の抜け毛の原因と対策・予防法とは

こちらでは30代女性の抜け毛の原因と対策、予防法について解説しています。

今現在、抜け毛が結構すごい。ヤバいどうしよう。。。そんな感じで危機感を感じているのであれば、最後までご覧になってください。

今から抜け毛対策すれば、薄毛の進行を防ぐことは可能ですよ!

 

30代女性の抜け毛の原因とは

女性の30代は最も忙しい時期かもしれません。

会社ではそれなりのポストにつき仕事が増え、家庭では子育ての一番大変な時でもあり、自分のことはつい後回しにしてしまいがち。

はっと気づいたら髪の毛の量が減っていたり白髪が増えていたり…。

原因にはどんなものがあるのでしょうか。

 

1.ホルモンバランスの乱れ

女性は生理や出産、閉経などでなかなかホルモンが安定しません。

また、妊娠中たっぷり出ていた女性ホルモンのエストロゲンが出産後は元の量に戻ります。

エストロゲンには髪の健康を維持する働きがあるため、妊娠中つわりなどで栄養が取れなくても抜け毛が少ないのですが、出産後一気にホルモンが減るため、抜け毛が増えるのです。

抜け毛は半年から1年でおさまるとされていますが、人によってホルモンバランスが正常に戻らず、そのまま抜け毛が続いて薄毛になってしまうこともあります。

特に高齢出産と呼ばれる35歳以上で出産した場合は、そのまま更年期のような症状が出てしまうケースが少なくありません。

さらに、女性ホルモンの分泌量は20歳頃がピークで、その後はじわじわと減っていきます。

その影響が30代後半になると表面化してくることが多く、抜け毛の原因となります。

 

2.生活習慣の乱れ

30代女性は結婚、出産、育児、仕事、趣味などで非常に多忙な年代です。

そのため、どうしても生活習慣が乱れがちになります。

育児に忙殺され、十分な睡眠時間も食事時間も取れずくたくたになりながら家族全員の世話をしなくてはいけない主婦も、地位が上がり責任ある仕事を任されるようになり残業続きの毎日を送るOLも、栄養バランスなど考える暇もなく、手軽な一皿料理やコンビニ弁当、総菜で済ませてしまうことが多いようです。

また睡眠時間も短く、朝起きても頭がぼーっとしたまま、という女性はたくさんいます。

弘前大学が平均年齢31.1歳の女性200人にアンケートを取ったところ、結婚後・妊娠後は生活習慣が良くなるものの、出産後は非常に悪くなる傾向があったそうです。

このように食事や睡眠にゆっくり時間を裂けなくなると、お肌はもちろん髪の毛にもすぐに影響が出ます。

自律神経の乱れや血行不良、栄養不足が重なり、抜け毛が増えてしまうのです。

 

3.精神的なストレス

上述の弘前大学の研究によると、出産後は飲酒や喫煙をする女性が増えるという結果が出ています。

また、間食をするという30代が56.6%と20代より10ポイント以上増え、ストレスがたまっていることをうかがわせます。

結婚している場合は不妊、育児、ママ友、夫婦関係などのストレスがあります。

独身の場合は未婚の不安や職場のストレス、将来の不安や老化への恐怖などがあり、どちらも精神的なストレスがどんどん溜まる年代です。

さらに30代後半になると女性ホルモンの分泌量が減ってくるため、ホルモンバランスが崩れ精神の安定を欠きやすくなります。

近年、30代女性の自律神経失調症やうつ病が非常に増えているのも、これが原因の一つとされています。

自律神経が乱れると血管が収縮してしまいますので、頭皮の毛細血管まで栄養が行き渡らなくなります。

また、交感神経が優位になると発汗が促され、皮脂の分泌も過剰になってしまうため、頭皮の毛穴が塞がり炎症を起こしやすくなることも、抜け毛につながります。

 

4. 瀰漫性(びまん性)脱毛症

瀰漫性脱毛症の「瀰漫」は広がるという意味で、髪全体が薄くなる脱毛症です。

生活習慣やストレス、ピルの服用や出産などによるホルモンバランスの乱れ、ダイエットなどが原因で、髪のボリュームが減ったり、髪が細くなったり、コシがなくなったりする脱毛症です。

通常、女性の髪のサイクルは成長期(4~6年)、退行期(2~3週間)、休止期(約3か月)ですが、成長期の髪が休止期に入ってしまい、抜け毛になります。

全体的に薄くなるのですが部分的に多く抜けることもあり、特に分け目やつむじ部分ははっきり薄毛になることが多いようです。

 

5.FAGA(女性男性型脱毛症)

女性ホルモンが減少するに従って男性ホルモンの働きが強くなることで発症します。

瀰漫性脱毛症の一種とされる場合もありますが、特に男性型脱毛症(AGA)の女性版ということで、分けてご説明します。

驚く方もいらっしゃるでしょうが、女性にも男性ホルモンは存在します。

ただ、30歳頃までは女性ホルモンの分泌量が非常に多いため、男性ホルモンの影響はほとんど受けません。

しかし、女性ホルモンは35歳頃には約6割、40~50歳になると約3分の1に減ってしまいます。

すると男性ホルモンの影響が強く出るようになり、男性と同様脱毛ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が増え、抜け毛の原因となるのです。

ただ、女性ホルモンは少なくなっても分泌はされるので、男性のようにずっと髪が減ることはほとんどありません。

 

30代女性の抜け毛の原因まとめ

色々な原因がありますが、ストレスとホルモンバランスの乱れが根本的な原因といって良いでしょう。

そのため生活習慣を見直し、精神面のケアをすることが非常に重要になります。

 

30代女性の抜け毛予防・対策法

取り巻く環境を変えることはなかなかできませんが、自分でできることを少しずつ行うだけでも、抜け毛の予防や改善は可能です。

 

1.生活習慣を見直してみる

食事は、手抜き料理を覚えましょう。

たとえば朝野菜と肉をたっぷり入れたスープを作っておき、食べる時に色々な味付けをする、電子レンジをフル活用する、豆腐やウインナー、チーズなど栄養価が高くそのままでも食べられるものを利用するなどです。

マルチビタミンやミネラルなどのサプリメントも利用して栄養バランスを取ることで、抜け毛を予防・改善できます。

睡眠は、まとまった時間が取れないなら細切れでも取るようにしましょう。

昼寝1時間で夜の睡眠の3時間と同じ程度疲労が取れるといいますし、20~30分でも脳や体の疲れが軽減され、記憶力や集中力もアップすることがわかっています。

また、たとえ10分でも良いので、入浴することをお勧めします。

全身がリラックスし、血行が良くなるので全身の疲れが取れやすくなるばかりでなく、頭皮にもしっかり栄養が届き、抜け毛を防ぎます。

 

2.シャンプー法を改善する

女性は頭皮より髪の毛を丹念に洗う傾向がありますが、洗わなくてはいけないのは頭皮です。

髪の毛の汚れは、ブラッシングとお湯だけで8割以上取れます。

まずはもつれないよう毛先からやさしくブラッシングし、湯シャンをして汚れをできるだけ取り除きます。

その後、シャンプーで地肌を丁寧に洗います。

最初に手で泡立ててから頭皮に乗せ、指の腹を使いマッサージしながら洗うと毛穴の汚れもきれいに取れ、さらに血行も良くなります。

シャンプーを洗い流す時は、洗い残しがないよう十分すすぎます。

シャンプーの種類は、できるだけアミノ酸系にしましょう。

一般のシャンプーは高級アルコール系で、洗浄力は強いのですが頭皮に刺激を与えるため、頭皮環境が悪くなり抜け毛を増やしてしまう可能性があります。

また、育毛シャンプーは頭皮環境を良くしてくれる成分がたっぷり配合されているので、抜け毛が多い場合はこちらを使用したほうがより効果的です。

 

3.育毛剤で抜け毛対策

抜け毛がかなり多い時は、育毛剤の使用をお勧めします。

生活習慣の改善やシャンプーの使い方を変えても、すぐに結果が出る訳ではありません。

育毛剤はその名の通り髪を育てる成分が豊富に配合されていますから、それを直接頭皮につけることでより早い効果が期待できます。

無添加で肌の弱い方でも安心して使用でき、天然由来成分が主なものがいくつも出ています。

女性が使用することを考えて作られているので、使用感もサラサラで嫌なニオイもありません。

 

30代女性の抜け毛対策・予防法まとめ

生活習慣を改善し、ストレスを溜めないようにするのは基本中の基本ですが、多忙な30代はそれがなかなかできないもの。

しかし、30歳を過ぎると頭皮環境や髪質の変化が顕著になり、そのままにしておくとどんどん抜け毛がひどくなる危険性があります。

特に肌のツヤやハリがなくなって来た、疲れやすくなったなどと感じたら、女性ホルモンの減少が始まった証拠かもしれません。

育毛剤で抜け毛対策をしっかり取ることをお勧めします。ちなみに女性におすすめな育毛剤は参考記事をご覧ください。

 

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2018年最新版!育毛剤ランキング

2222

2018年で一番おすすめの育毛剤